更新情報>>小さな株が脱皮時に分頭する原因とは?

リトープスの栽培時の注意点・やってはいけない管理法とは!

リトープス

楽しく始めようと思う方が多いと思います。でもまず初めに何からそろえればいいのかわからない、もしくは用土や鉢、ラックなど購入したけどこれでいいの?

不安に思う方も多いと思います。そこで、今回はおススメの方法とは違い、やってはいけない事を解説をしながらご紹介したいと思います。いい話ばかりでなく、ネガティブな情報も必要と思います。

私のリトープスのガーデニングの経験なので、ショップで聞いた話と違うなど、思う方もいられると思いますが、どうかご参考程度にお聞きくださいね!

スポンサーリンク

リトープスにとって栽培に適さない管理方法について

一般にリトープスは、時期にもよりますが、手軽にホームセンターなどで販売していますが、育た方などは、わからないと思います。もし初めてリトープスを育てるとして、一般の植物と同じような管理方法をすると、うまく育たないことがあります。

太陽光に当てずに、日陰で育てる

植物は基本的に光合成をします。植物の種類にもよりますが、光を必要とする種類があります。観葉植物などは、あまり必要としませんが、リトープスは必要です。

リトープスは種類によって適した環境でないと、すぐに徒長したり、弱って細菌などにより、溶けて枯れてしまします。

リトープスは、日陰では徒長するので太陽光が当たる所で育てましょう!

リトープスが徒長の原因になります。

リトープスは、太陽光を好みます。一年を通して光を必要としますので、日陰ではうまく栽培する事ができません。

結果・徒長したり、大きく成長しなくなる可能性があります。ホームセンターなどで長期間置かれているリトープスは徒長して細く伸びている株も見かける事があります。

ホームセンターでは、なるべく入荷直後に購入することをおススメします。

水はけの悪い用土で育てる

リトープスは、南アフリカ原産の品種が多く、乾燥地帯に生息しています。日本の環境は、湿度が高くあまりリトープスに適した環境とはいえませんね!

そのため、あまり保湿力のある用土は使用しない方が好ましいです。

リトープスは、高温多湿の環境を嫌うので、用土は保水力のあるものは避けましょう!環境によっては、リトープスは弱って、溶けて枯れてしまいます。

発芽用の用土や野菜などを育てる用土、有機肥料などの使用はやめましょう!

浅い鉢(ポッド)で育てる、底に水抜き穴がない鉢を使用する

素焼き鉢

リトープスの根は、太い根を中心に毛細血管のような細い根が、広がって下に伸びます。あまり鉢の高さが低い場合は、根が伸びる事ができません。

根が十分に成長が出来なければ、リトープスの成長の妨げになるので、なるべく高さのある鉢を使用してください。

蒸れの防止のため、必ず底に水抜き穴のある鉢を使用するように、心がけてください。デザインで惹かれ、例えばかわいい鉢が気に入ったとしても、底に穴がなければ蒸れの原因になるので、避けた方が無難です。

一番のおススメは、素焼きの鉢がいいです。しかしデザインがシンプルすぎてあまり好みでない方も多いと思います。私もあまり好きではないですが、今後は少し使用を検討しています。

風通しの悪い環境で管理をする

リトープスイメージ

上記でご説明した、太陽光に当てる、水はけのいい用土を使用する、素焼きの鉢の使用などを心がけても、育てている環境が風通しが悪ければ、リトープスは育ちません。

一番悪い環境は、湿度が高くてジメジメした環境で、風が通らない所です。

湿度が高い環境は、リトープスは嫌うのでできれば避けてください。

ご自宅で育てる場合になかなか適した環境で育てる事が出来ない場合もあります。

どうしても、悪い環境しかなくリトープスを育てたい場合は、うまく育たない可能性もありますが、なるべく丈夫な品種を選ぶことをおススメします。

しかし、いくら丈夫な品種でもうまく育たない可能性もありますので、注意して育ててくださいね!

室内栽培灯は、あまりおススメはしません。私も以前使用していた時期がありますが、リトープスだけではなく、他の植物でも調子が悪くなりました。

毎日潅水をする

潅水に関しても、上記でご説明した項目と重複する部分もあるのですが、リトープスは蒸れを嫌います。

自然では乾燥地帯で降雨量が少ない所で生息しているので、頻繁に潅水をする必要がありません。

多肉植物は体内に水分が貯めているので、毎日潅水をする必要がありません。

毎日潅水をすると、結果リトープスは弱り、細菌が体内に入り溶けて枯れてしまします。

まとめ

リトープスを育てている方は、ご存知かもわかりませんが、リトープスは太陽光と風通しのいい環境なら何も問題がありません。

いい環境で育てて、例えば秋に花を開花させて、種を収穫して、実生を育てたいと思っていたら、いい環境で育てる事が大事です。

いつもどうしたら、リトープスを育てるためのポイントを説明するのですが、悪い事も知る必要があると思い記事にしました。

この記事を書いている時は、4月上旬なので今から脱皮が、楽しみなシーズンです。

リトープスの栽培を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント