リトープス購入時の注意点とその後に気を付ける事とは?

こんにちは!

リトープスのを購入は、どこで購入されていますか?

私はホームセンターで購入が多いです。身近にあって手軽に購入ができるので衝動買いが多いです。しかし、リトープスの育て方や管理など専門的にしていないので、入荷から時間がたっている株はあまり状態がよくないものが多いです。

普及種で丈夫な種類のリトープスを購入する事が多いです。普及種とはどこでも入手可能な品種です。そうですねホームセンターなら日輪玉や紫勲玉などです。

そこで、今から始めてリトープスを育てる場合などに、購入時の注意点などを少しご説明したいと思います。

スポンサーリンク

購入時の株の選び方と植え替え

ホームセンターで購入した李夫人

私はネットでは株は買わないですね!実際に見て確認したいし、実際の写真と違うと嫌なので…

ホームセンターや園芸店などで、入手困難な品種が販売していてほしい時もありますが、その時に限って売り切れが多いです。なので購入はほとんどはホームセンターや園芸店ですね!

リトープスの種はネットで時々購入はしています

私は、よほどひどい場合は別ですが、ホームセンターでは徒長や少し弱っている株を購入する場合と、健康で状態のいい株を購入する場合があります。

徒長や少し弱っている株を購入するのは自己満足かもわかりませんが、自分自身で元気な株にしたいという思いいからです。見た目ではわかりませんが、購入して自宅で根を確認すると、ネジラミが付いていて、根をカットする場合もあります。

できれば根も含めて健康な株を購入したいのですが、根をお店で確認するわけにはいかないので、購入して自宅で確認するまでわかりませんね!

でもどうしてもほしい品種の場合は承知の上で購入する事があります。用土の水はけと太陽光を気をつけていれば回復はしますよ!

しかし、稀にかなり弱っていて、溶けてしまう場合もありますが…

購入時の注意点ですが、まず屋内か屋外どちらで置かれているか?

購入時のポイント
  • お店で購入時には、リトープスはどこで管理をされているか?
  • 株の様子はどうか、徒長はしていないか、もしくは太陽光は当たっているのか?
  • 身割れや側面にシワなどはあるか?
  • 売れ残りで長期間、ずっと置かれている可能性がある!
購入後植え替えした株

徒長や身割れがないか確認が必要です!

リトープスは他の植物と管理方法が異なります。ホームセンターや園芸店などでは、お店の一画にリトープスが少し置かれている場合が多いです。多肉植物専門のお店なら良い環境で管理されていますが、他のお店では専門手的に管理させておらず、他の植物と同じように管理されている場合が多いです。

屋外でも真夏など、他の植物は弱る可能性があるので、直射日光が当たらない可能性があります。

リトープスは光を好むので、日照不足になると徒長する場合があります。徒長は株が細く株が伸びている状態です。他の植物と違うので、初めての方はわかりずらいですが、成長している状態ではないですよ!

健康な株の状態はコマ型の形です。トップが一番広く、根に向かって絞られた状態になっています。またリトープスは乾燥地帯に生息しているのであまり水分はいりません。

私は真夏でも、4~5日に一度潅水をしています。冬では7~10日に一度少量潅水をしています。他の植物のように毎日潅水をする必要がないので、もし購入するお店で毎日潅水されている場合は注意してください。

乾燥地帯に生息しているため、リトープスは水分を少しでも体内に取り込もうとします。結果、必要以上の水分を体内に取り込み結果、身割れをしてしまいます。もしくは徒長する可能性もあります。

購入時は特によく見て注意してくださいね!

帰宅後、リトープスはそのままで少し様子を見ましょう!

リトープスを購入して帰宅する時は、本当にうれしいですね!

鉢や環境や土をどのように育てようかとか思うと嬉しいです。私も購入しての帰り道ワクワクしますね!

しかし、購入してすぐに環境を変えるとあまりよくないので、とりあえずは数日そのまま様子を見る事をおススメします。例えば急に用土を変えたり、日当たりの悪い所から急に日当たりの良い所に変わったりしたら、環境が良くなっていいのですが、すぐに環境に馴染めない可能性があるのでゆっくりと馴染ませることをおススメします。

その間に鉢や用土などを用意して、ご自宅で育てる準備をしたら楽しいと思いますよ!

私は購入したままの状態で3日~1週間置いてます。

ネジラミと根の木質化の確認

植え替え前のリトープス

3日~1週間ぐらい様子を観て、それから植え替えをしたらいいと思いますが、その前に根の確認をしてくださいね!

リトープスの根は横に広がるのではなく、縦に伸びます。柔らかい根で太い根から細い根が伸びていたら大丈夫です。

注意点ですが、根元は木のように固くなってあまり根が伸びてないでしょうか?

根が木のように固くなっている場合は、木質化といい、根が硬くなって成長ができない状態です。この状態では、水分の吸収もあまりできません。その場合は、表面の硬い根の皮を気を付けながら剥がして柔らかい根を出せば根が成長させることができます。

しかし気を付けないと、根が株から取れてしまうので気をつけてください。

根がなくなると、リトープスが水分を吸収できなくなるので根出しの必要があります。私も数回根出しをしましたが、品種によってなかなか根が出なくて難しい場合もあります。

また、根にネジラミが付いている場合も根から栄養や水分が吸収できないので、除去して殺菌してくださいね!

ネジラミは白い綿のような状態のもので、綿のような中に虫がいます。リトープスの根から養分を吸収するのでリトープスが弱ります。健康な状態で管理したいたらリトープスは強いのでネジラミの心配はいらないのですが、弱るとネジラミが発生します。

まとめ

そうですね、なるべく健康な株を買う事をおススメします。

判断基準は、徒長をしていなくてトップが硬くて側面にシワがない状態の株を購入してくださいね!

できるなら、秋に購入すると入荷時期なので、リスクを避ける事ができます。私は気に入った株なら徒長していても購入します。後で健康な株にすることが苦労することも多々ありますが…

また売れ残りの場合はいい状態は少ないですが、セールで安く購入できる場合があります。秋が購入のベストシーズンですよ!

ではリトープスのガーデニングを楽しみましょう!

コメント