更新情報>>【夏の記録】災害的猛暑でもリトープスは元気です!

リトープス開花させるには夏の管理が重要です!

2019年・秋に開花した富貴玉

リトープスの栽培を楽しまれているでしょうか?

自宅でリトープスを育てていて、なかなか開花しないと思われている方が多いのではないでしょうか?

リトープスは、秋~冬が開花のシーズンになります。しかしすべての株が開花するわけではなく、条件がそろわなければ開花させることは難しいです。

数年リトープスを栽培していて開花しない場合は、何か問題があるのかもわかりません。

スポンサーリンク

リトープスが開花する条件とポイントとは!

結論から先に言いますと、夏の管理が重要になってきます。

しかし同じように育てていても、すべての株が同じように開花するわけでなく、品種や株の状態によって違うのでご了承願います。

すべての株が開花しない可能性があるので、そのあたりの事もご理解ください。しかし、私が管理している栽培方法で、開花する確率は少しは上がったので、少しご紹介したいと思います。

種からリトープスの実生を育てて、きく育てているのなら、どれぐらいで大きくなるのか想像がつくと思います。

実生からなら、開花までだいたいですが、4年~5年は時間が必要になります。

脱皮の時期の分頭は、成長によって分かれるのではなく、生きるための手段だと思います。生命の危機になれば、分頭して小さくなっても、生き残ろうとしているように思います。

少し余談で話がそれましたが、開花ですがお店で販売している大きさになるのに、2年~3年はかかります。またリトープスの管理状態が悪いと開花は難しいです。

開花するためには日頃の管理が重要です。

リトープスは秋から開花をするので、それまでの管理状態が重要になります。夏の管理が悪いと開花する事は望めません。

一般的にはリトープスは、夏に休眠するので、断水して日陰で管理しましょうと言われています。

例えばホームセンターやネットの通販サイトでも、同じように管理方法は、夏は断水し休眠とはっきりと断言しています。

本当でしょうか?

いやいや、私の経験上違うと思いますよ!

植物です、夏に断水すれば水分がなくなりますよ!

夏に断水をすると、夏は枯れずに生きているだけなので、秋に開花する体力が残っていません。

私の経験と考えですが、夏の断水はリトープスを弱らせるだけです。しかし、蒸れて溶かして枯らすよりはいいですが、あまりお勧めはできません。

状態が悪いと、来年の春の脱皮シーズンに影響があります。

私が実践している夏の管理方法

リトープスは、通風と太陽の光を好みます。しかし近年の夏は温暖化の影響で、気温と湿度が高いので対策が必要になります。

夏の暑い直射日光には、リトープスは耐えられないと思います。

私は遮光ネットとサーキュレーター、潅水も週1回でたっぷり与えたの季節と同じような状態で夏を乗り切っています。

結果、夏でもリトープスは成長して大きくなっています。品種によっては成長しないものもありますが…

花の色によって開花時期が少し違います。

夏を上手に乗り切ったなら、秋になれば早く開花する品種なら、9月末~10月には開花をします。経験してわかったことですが、花の色によって開花時期が違います。

リトープスで花の色が黄色は、秋の早い時期に開花しました。白い花は初冬、11月以降に開花してます。

全ての品種で検証をしたわけではないので、絶対とは言えませんが実際に育てている品種では、そのような傾向がありました。

冬の開花は気温が低いため、秋に比べると開花のスピードが遅いです。

秋は花芽が出てから約1週間ぐらいで開花しましたが、冬は2週間以上かかっています。品種にもよるかもわかりませんが…

まとめ

結果として、夏をいい状態で管理出来ていたら、秋~冬にかけて開花する可能性が高いです。

リトープスは蒸れには弱く、すぐに弱り細菌によって溶けてしますことがよくあります。

冬でも氷点下にならなければ、外で管理する事ができますが、室内で管理されている方は、日照不足と蒸れには極力気を付けて、管理してくださいね

スポンサーリンク

コメント