更新情報>>小さな株が脱皮時に分頭する原因とは?

リトープスの楽しみは、コレクションと株を増やすことです!

あなたはリトープスを、どこで見かけましたか?

私はホームセンターでリトープスを見かけて、衝動買いをしました。最近ではブログやサイト、YOU TUBEなどが、多いわかりませんね

初めは何も知らずに、リトープスを栽培をし、他の植物と同じような管理方法をしていました。結果溶かして、枯れさせてしまいました。

リトープスは独特の形や色なので、興味を持つ方が多いと思います。リトープスの育て方や管理ではなく、どこに魅力があるのか、少しお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

リトープスは種類が豊富です!

他の記事でも書いていますが、リトープスの品種は約50種約150の品種が流通していると言われています。私が現在育てている種類は、約10種類ですが30~50種類ぐらいは、育てたいですね!

2020年5月現在、約20種ぐらいに増えました。

一般の園芸店などでは、入手が困難な種類や高価な種類もあるので、欲しい品種を購入する事は、難しいかもわかりませんが、収集することもリトープスの楽しみです。

実際に写真で確認する事しかできませんが、ネットショップなどでは、たくさんの種類が販売されています。

個人的には、リトープス・ボルキーが欲しいので、ネットを利用して購入したら、記事にしたいと思います。

栽培中のリトープス

たくさんの種類をコレクションをする楽しみ方

リトープスは身を守るために、生息地の地形などに同化して、身を守っています。そのため生息地の地形や色などに、擬態しているので色々な形や色など、種類が豊富にあります。

大きく分けると、茶色や緑、紫色や赤や黄色もあります。色もたくさんあり、表面の模様も様々なものがあります。

寄せ植えすると、宝石のように綺麗で、生きた宝石と言われています。

大きさも大型種なら直径5cmになる種類もあったり、小さい品種なら2cmぐらいの品種もあります。

形も株がトップがフラットなタイプや、丸いタイプなどたくさんの種類があります。色々な地域に生息しているため、その地域に適した環境に順応してきたので、個々に少し育て方が違うことがあります。

そのために初めは単独栽培して、様子を見た方がいいと思います。

私は苗ポットで基本的には、単独栽培をしています。一つの鉢に寄せ植えも楽しいのですが、単独で並べても色々な色の種類があるので、楽しい雰囲気になりますよ!

最近では、夏場の高温対策で、素焼きの鉢を使用したりしています。

購入時の白花黄紫勲

カラフルな色の種類が多いので、寄せ植えでガーデニングを楽しむ

たくさんの種類を単独栽培すると、ポッドの数や場所も必要なので、本格的にリトープスを育てなくても、気軽に育てるなら寄せ植えもいいと思います。

脱皮は品種により脱皮が始まる時期が違うため、潅水の量など調整して変える必要が出るので、注意してくださいね!

単独栽培の方が、管理は簡単にできます。

色々な色のリトープスを寄せ植えすると、本当にきれいなので、楽しい雰囲気になりますよ!

リトープスは、秋から冬にかけては花が開花するので、普段と違うリトープスが見られて楽しいです。

リトープスを増やすことが楽しいですよ!

リトープスの株を増やす方法ご存知でしょうか?

植物は種から増やす方法が、一般的と思います。

多肉植物を増やす方法!

多肉植物の場合は他の植物と違い、葉挿しといい茎から葉を取り土の上に置くと葉から芽が出て増やすことができます。種からも増やすことができますが、葉挿しの方が多肉植物は簡単です。

しかし、リトープスは茎と葉が一体化した、高度に進化した多肉植物なので、葉挿しはできません。一体化した株なので茎と葉がないです。

ではどのように増えるかというと、種と脱皮時に株が分かれて増えます。分頭といい株が分かれて増やすことができます。

基本的には、年に一度、春に脱皮をします(3月~5月頃)

他の多肉植物に比べると成長サイクルが遅いので、時間が掛かります。

種からも増やすことはできますが、少し難しいです。とりあえずは分頭と種から増やす方法を、ご説明したいと思います。

自宅で栽培中の分頭したリトープス

脱皮時に分頭して増やすことができます!

リトープスは脱皮時に分頭と言って、株が二つに増える事があります。だいたい2~3年に一度分頭をします。株が小さいときは、あまり分頭することはないですが、株が大きくなると分頭して株が二つになります。

ただし分頭すると、株の大きさが元の大きさの約半分ぐらいになります。二つの株の大きさを合わせると元の株の大きさですね!結果として分頭前の大きさになるには数年かかると思います。

分頭した株も1年で元の大きさに成長しました。

分頭は毎年するわけではなく、時間はかかりますが、ある程度成長した大きさに分かれるので、育てやすいです。

脱皮時に分頭していると、株が増えるのでうれしいです。
なかなか入手困難な品種を育てていて、株が増えたらうれしいですね!

分頭は予測が難しいので、脱皮するまではわかりません。

花を咲かせて、種から増やすことができます!

植物を育てていると、やっぱり種から育てたい気持ちになりますね!しかしリトープスは種から育てるのは少し難しいです。

特にリトープスの種は、大きさが砂粒ぐらいなので注意してくださいね!

リトープスの種は入手が困難です!

リトープスの種は、一般的な園芸店やホームセンターでは販売していません。どこで入手するというと、ネットショップの園芸店です。

リトープスで検索すると、たくさんのショップがあり、中には種で販売しているお店があります。10粒程度で販売しているので、失敗すると全滅するので色々と調べて育てる必要があります。

私もネットで販売している、種を購入しました。海外からの輸入みたいですね!

まだ一種類だけ入手したので、とりあえずもう数種類購入して、秋になれば種から育てようと思っています。

種からなので、株では販売されていないような種類も、種からなら育てる事ができます。

実際に種から育てて大きくしたら、本当にうれしいですね!

まとめ

リトープスの楽しみ方を色々とお伝えしましたが、私自身はホームセンターで見かけて、色がカラフルで大きさも小さく育てやすそうと、安易に思い購入しました。

栽培は一度失敗をして、全滅させているのでもう一度チャレンジし、丈夫に育てたいと思い、色々と考えながら育てています。

難しい所もありますが、一年を通しては色々と変化があり楽しいですよ!

興味があれば、トープスのガーデニングに、チャレンジしてくださいね!

色々と写真と記事を公開しているので、よければ参考にして育ててください!

スポンサーリンク

コメント