今からリトープスを育てる方におススメしたい品種と難しい品種について!

大きくなった日輪玉

このブログを観ていただいているということは、たぶんこれからリトープスのガーデニングを始めようと、考えている方と思います。

リトープスの購入は、ホームセンターもしくは園芸店、あとはネットショップと思います。はじめてリトープスを育てる時はどのうようにしたらいいのか迷われる方が多いと思います。

リトープスは大きく分けると多肉植物ですが、一般的な多肉植物の育て方と少し違う所もあり、また品種により育て方や管理の方法など違うこともあるので、まずは育てやすい品種から購入をおススメします。

スポンサーリンク

どこでも入手しやすい種類は育てやすい品種が多いです!

私がリトープスのガーデニングをはじめたきっかけは、お店でリトープスを見て変わった姿とカラフルな色の品種が多いので衝動買いしてしましました。はじめはキノコ類と思っていましたが…(笑)

しかし衝動買いしたので何も知識もなく、他の多肉植物と同じように育てていて溶けて枯らしてしましました。そこで初めてリトープスを育てようと思っている方に、私と同じような失敗をしないように、なるべく育てやすい種類や難しい種類などご紹介したいと思います。

ホームセンターや大きな園芸店などで販売されている品種は、一般的によくある品種なので丈夫な種類が多いです。しかしすべての品種が育てやすいわけではないので注意が必要と思います。

売れ残りは状態の悪い株が多いので、注意してくださいね!

品種により育てやすさが違います!

自然で生息しているリトープスは広く分布しています。主に南アフリカです。一概に南アフリカと言っても、広いので生息している地域により、雨季があったり、乾季があったりします。また気温も違うので同じように販売されているリトープスでも育てやすい種類と難しい種類があります。

特に希少な品種を購入された方は、絶対に枯れさせたくないと思うので、購入したリトープスの事は調べたり、観察してくださいね!

くれぐれもリトープスは蒸れと日照不足は嫌うのでご注意を…

トップがフラットタイプを初めはおススメします。

私がおススメする種類は、初めてリトープスを育てる方には、日輪玉、富貴玉です。

茶色のリトープスは全体的に丈夫な種類が多いです。あまり徒長しないと思います。

日輪玉は地味な色と模様ですが、環境の順応性がよく、よほど酷い環境でないと徒長したり、枯れたりすることはありません。購入する場合もあまり徒長している日輪玉は見かけませんので安心して購入できます。でもできるだけいい状態の株を選んでください。

日輪玉は、リトープスの中では大型の種類で約5cmぐらいまで大きく成長します。すぐには大きくなりませんが成長が楽しみですよ!

丸いトップは徒長しやすいので注意が必要です!

リトープスを大きく分けると、トップがフラットな形とふっくらと丸い形のリトープスに分かれると思います。

私の経験では、丸いリトープスはフラットなタイプに比べると少し弱いと思います。太陽光と水はけを気をつけておけば、大丈夫なのですが気難しい品種もあります。

代表的な種類は、李夫人、福来玉、大津絵などがあります。とりあえず知識としては、徒長しやすいと思います。丸いタイプのリトープスは形や色がキレイなので、好きなのですが少し育てる時は気をつけています。

購入直後の繭形玉

グリーン系は少し弱いので溶けて枯れる事もあるのでご注意ください!

リトープスのトップがフラットと丸いタイプがありますが、形状は別としてリトープス自体の色や模様が緑系のリトープスは、例えば茶色などのリトープスに比べて少し弱いと思います。

自宅で栽培中のリトープスの中で緑系では、白花黄色紫勲玉李夫人がありますが、どちらも健康とはいいがたいです。白花黄色紫勲玉は購入時はネジラミが付いていて、殺菌して根の大半を除去しました。枯れはしていないのですが、脱皮後もあまり大きく成長していませんね!

李夫人は購入時から徒長していました。まぁ承知で購入したのでしかたがないのですが、やはり緑系は全体的に茶系より弱いです。

余談ですが、育てている茶系の日輪玉は購入時よりかなり大きく成長しています。徒長もなく順調に育ってます。日輪玉は最強ですね(笑)

茶系のリトープスは比較的に強い品種が多いです。強くていいのですが、色や模様が地味なのが少し残念です。できればカラフルな色が好みですが…

どこでも購入しやすい種類をおススメします。

日輪玉ばかりおススメしていますが、基本的にホームセンターなどで販売されている品種は比較的育てやすい品種が多いです。育てることが難しい品種もしくは希少種は、ホームセンターではあまり扱っていません。

しかし、長期間リトープスが好まない環境で販売されていると、状態の悪いリトープスになって徒長していたり、身割れや溶けかけている株も多く見かけます。

くれぐれも気をつけてくださいね!

いい状態の株を購入を希望されるなら、多肉植物専門に扱っている園芸店やネットで販売している所もいいと思います。しかしネットは送られてくるまでわからないので、少し不安はありますが…

購入時期について

もし、一般的な園芸店やホームセンターで購入をされるなら、できれば秋がおススメします。他の記事でも同様に秋に購入をおススメしていますが、秋が入荷のシーズンです。リトープスは寒さにはある程度強いのですが、暑さには弱いです。

リトープスは春と秋が成長シーズンです。しかし春は脱皮のシーズンでリトープスの状態が不安定です。

その点、秋は開花のシーズンですが安定した時期です。購入するなら秋がベストです。私は年中ホームセンターで気に入った種類があれば購入をしていますが、悪い状態の時も多いです。

私は悪い状態のリトープスをいい状態にすることも、リトープスのガーデニングの楽しみと思っているのでいいですが、はじめて購入するならいい状態の株を購入をおススメします。

少し元気になった李夫人

まとめ

今は、ネットで情報が気軽に探すことができるので、あまり神経質にならずに情報を収集しながら育てられます。徒長してなくて、わりと大きめの株を購入して、普段の管理を気をつけていればリトープスを育てる事はそんなに難しくないのでぜひチャレンジしてください。

もし、不安なら今回記事にしたことをご参考にしてもらえば、枯れるリスクは少なくなりますよ!

私は、とりあえずは経験した事を記事にしているので、もしよければご参考にしてくださいね。

コメント