更新情報>>小さな株が脱皮時に分頭する原因とは?

リトープス、徒長した株は脱皮時に治すことができますよ!

リトープスのガーデニングは楽しめていますか?

このブログを見てくださっている方は、多分リトープスに興味があるか、もしくは育ている方と思います。どの植物でもいえますが、いい状態で育てたいですね!

一般的にリトープスの栽培は、難しいと言われていますが、ポイントさえ押さえておけば、そんなに難しくはありません。でも色々な要因で、徒長してしまうかもわかりません。

もし徒長してしまった場合、改善する方法を少し紹介したいと思います。あえて徒長しているリトープスを購入して、改善できたので、徒長したリトープスを元に戻すためにやったことなど、少しご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

リトープスが徒長する原因について

購入時、徒長していたリトープス

徒長したリトープスの改善方法のお話をする前に、少し徒長する原因について、お話をしたいと思います。いくら改善策をとっても、原因をわかったうえで改善しないと、同じ事を繰り返すこともあると思います。

太陽光の日照不足

一番の原因は日照不足です。植物全般について同じと思いますが、植物は光合成をするので、太陽の光が必要です。にリトープスは太陽光が大好きです。

また、風通しの良い環境も好みますので、できればオープンなスペースで栽培が望ましいです。

絶対とは言い切れませんが、私は冬に室内で人工灯で栽培していて、溶かしてしまいました。すべてのリトープスを、全滅させてしまった経験があります。経験不足のため、かわいそうな事をしてしまいました!

人工灯は台風や大雨の時など、一時的に使用することはいいのですが、人口灯だけでは、自然の太陽光と同じように育てることは難しいです。

室内や屋外でも軒下などでは、太陽光が当たらない所も注意が必要です。お住まいの環境によって、難しい場合もあります。後でお話をしますが少し考えて、工夫しないといけないかもわかりませんね!

潅水が多いことが原因かも

自然の中で生息しているリトープスは、乾燥地帯で生息しています。乾燥地帯のため、年間を通して降水量が少なく、まれに雨が降った場合などは、体内に水分をできるだけ吸収します。

潅水をしすぎると、水分を吸収しすぎて、身割れを起こしてしまいます。側面やトップに亀裂が入ります。また、徒長しやすい状態になり、徒長してしまうことがよくあります。

徒長した株の治し方

徒長のリトープス、脱皮の初期の様子

まずはご自分の環境で、何がいけなかったか、見極めが必要です。対処方法がかわってきますので、一度に色々と変更すると、原因がわからなくなるので、一つずつ改善をしていきましょう!

日照不足の場合

室内などで育てていて、日照不足になっているようなら、せめて日中だけでも屋外に出して、太陽光に当てましょう。リトープスは太陽光が好きなので、少しは改善します。

私もホームセンターで日照不足のリトープスを購入しましたが、軒下管理されていて日照不足だったので、太陽光に当てるようにしたら、元気になってきました。

次にお話をしますが、リトープスは脱皮の時のみ、徒長を治す方法がありません。脱皮前なら、なるべく太陽光に当てて光合成をさせ、健康な株にして脱皮に備えましょう!

脱皮時に治すことが可能です!

脱皮が始まった徒長したリトープス

リトープスは他の多肉植物のように、葉挿しをして新たに増やすことができません。リトープスは、冬から春にかけて脱皮をするので、脱皮の時に改善できます。

何も手を加えなかったら、徒長した株は旧葉の厚みが、通常のリトープスよりかなり厚く、脱皮をすることが困難になるか、脱皮が終わるまでかなりの時間が掛かります。または、側面が割れて異常脱皮をすることがあります。

結果として徒長している株は、脱皮をしても繰り返し徒長した株になります。この状態のリトープスは健康な状態と言えないので、大きく成長させたり開花はさせる事は、困難です。

怖いかもわかりませんが、少し手を加えて新しい株で、徒長を改善するために、強制脱皮が必要になります。

強制脱皮のタイミングとしては、脱皮の兆候が表れてから、1ヶ月以上あまり脱皮が進行していない場合は、強制脱皮の必要性が、あるかもわかりません。

処置方法手順

私が徒長したリトープスを購入して、脱皮に徒長を解消するために、実施している対策です。

特に変わったとこはしていなくて、光量不足などで弱った株を、太陽光を当てて、光合成を促してまずは元気な株にすることを第一に考えてしています。

対 処 手 順
  1. 太陽光に当てる
  2. 新しい株があるか確認をする。(株の下部が硬かったら新株があります)
  3. 水はけの良い用土を使用する、潅水は少なめにする。
  4. 断水はしない方がいいですよ。少し潅水の量を少なめがおススメです。断水をすると根や株が弱ります。

中に新しい株があるか確認が必要ですよ!

まずは株の側面の株をさわり、硬くなっているか確認してください。もし株の下部が硬くなっていて、上部が柔らかい場合は新しい株ができています。

私は手で触って確認して、株の下部が硬くなっていたので強制脱皮をしました。

株の下部を触って硬くなってない場合は、新株がまだ小さいかできていない、可能性があるので、もう少し時間が経過してから、再度ご確認してください。

新株が小さい時に強制脱皮をさせると、株がダメになる可能性があります。

自然脱皮が困難なため強制脱皮が必要かもわかりません!

徒長しているリトープスは、株のトップの厚みが徒長していないリトープスよりも、かなり厚いため、強制脱皮が必要かもわかりません。トップが葉が厚いため、脱皮をすることができない可能性があります。

脱皮の兆候として、葉の割れ目が少し開き気味で脱皮の兆候があらわれたら、こまめに毎日観察して、様子を見る必要があります。

実際には多くの徒長したリトープスが葉の厚みがあり、脱皮をすることが困難になっています。ひどい場合は、側面から新しい株が出てくる時もあります。

強制脱皮の方法

徒長のリトープス、強制脱皮をさせました!

葉が開き新株が見えてきたり、もしくは新株が見えなくても、葉が開いてきたら脱皮の兆候です。

新株がある程度大きさになってきたら、強制脱皮が可能なので、思い切って株の割れ目を、ゆっくりと手で開いてください。

私も初めて強制脱皮させたときは怖かったです。徒長しているリトープスは、脱皮時は潅水量は普段よりも少ない量にしてくださいね!

注意点としては、旧葉は絶対にむしり取らないでください。旧葉から新株に水分や栄養分が移行します。

むしり取ると水分や栄養分が移行できなかったり、細菌により株が溶けて枯れる可能性があります。

脱皮が終盤、徒長が改善した株

改善した徒長リトープスのご紹介

徒長したリトープスですが、改善すると下の写真のように、株の形がコマ型の健康なリトープスになります。本来のリトープスはコマ型です。旧葉は水分が移行して萎れて枯れてきています。

因みに脱皮時は、断水はしていません。潅水量を少なめにして、改善しました。また潅水をきっかけに、脱皮の進行が進むことがあります。

販売されているリトープスで、細長く伸びている株は、成長しているのではなく、徒長した株です。購入時は注意してくださいね!

コマ型の健康そうな株になりました!

まとめ

リトープスに限らず、植物は光合成するために太陽の光を求めるので、光量不足になっていると太陽の光を求めて、細長く伸びてしまいます。

他の植物なら仕立て直しできますが、リトープスは伸びないので改善は、脱皮時期でないとできません。

気を付けて、育てていてもあまり変化のない植物なので、わかりずらいです。普段からよく観察してくださいね!

ではお互いに楽しくリトープスを育てましょう!

スポンサーリンク